岩手の地から、岩手のチカラ せきね敏伸

関根敏伸 サイトメニュー
プロフィール
マイポリシー
後援会事務所
会報ホットボイス
メール送信フォーム
Twitter
Facebook
HOME✺About me [マイ・マニフェスト]➤せきね敏伸 取り組む重点5項目

取り組む重点5項目【1】

1次、2次、3次、各産業の連携による産業・経済振興と、家族が揃って働ける労働環境の充実によって、一人当たり「県民所得」と、 一世帯当たりの「家計所得」の向上と全国差との縮小を図ります。

 [参考数値]

 平成24年度 岩手県民所得 254万7,000円
 全国平均 275万4,000円(全国比92.5%)

 平成24年度 岩手県の一世帯当たり勤労者世帯可処分所得 月額409,797円
 全国平均 423,059円(全国比96.9%)

取り組む重点5項目【2】

人口の社会減少は、経済や雇用情勢と密接な関係があります。

北上を中心とした県南地域をはじめ、県内数か所に雇用の受け皿となる「地域圏」を作り、 県内他地域からの人口流入を受け止める「ダム機能」をもたせ、岩手県全体としての人口の社会減を食い止めます。

 [参考数値]

 平成26年度、岩手県からの人口の社会減少数△2,975人
 比較(平成18年度減少 △6,709人)

 最も社会減が少なかった年は、平成7年の△329人

取り組む重点5項目【3】

医療・介護・福祉連携により、安心できる岩手の社会保障体制を整備し、これらの分野の成長によって岩手の健康長寿社会の実現と 経済活性化・雇用創出の両立を目指します。

 [具体的な取り組み]

★ 多様な分野の企業誘致の推進と地元企業との取引マッチング支援

★ 地場中小企業の高収益化支援と農林水産業への就労・所得向上支援

★ 新しい事業、起業、創出への支援

★ 農商工連携、農観光連携、医療福祉と食・観光連携、6次産業化の推進

★ 子育て支援等の充実による、女性の就業環境の改善

★ 奨学金制度の創設・充実による医療・介護・福祉人材の育成

★ 国と連携した医療・介護・福祉人材の待遇改善により
  優秀な人材を県内から流出させない仕組みづくり

★ 岩手の絆、地域間ネットワークを活用した、住まい、医療、介護、生活支援などを
  一体的にする、岩手型地域包括ケアシステム体制づくり


取り組む重点5項目【4】

震災からの復興にむけ、被災地の「住宅と生活の再建」、「仕事と産業の再生」、「心と体の健康の確保」に取り組みます。


取り組む重点5項目【5】

岩手の未来は人づくりにかかっています。小規模校を大切に、知・徳・体に優れ「いのち」を大切にする人材の育成に取り組みます。


Page Top